chikakamiyatransbizのブログ

通訳者・翻訳者として日々の活動、他

エンジニアラブな翻訳者たち - 久しぶりにアメリカの友達と話す

まぁ、私けっこう波乱万丈な人生を送っているので、人格障害者による家庭内暴力の被害者が集まるサポートグループなんて入っています。ぼんやりと死んでしまおうかと思っていたところ、一人の女性が勇気をもって電話をしてくれました。彼女には足を向けて寝られません。今日でちょうど5年目。彼女がSNSで連絡をしてくれたので、私は彼女の心配な状況もあり、電話をかけました。昨日疲労して食後すぐに寝てしまい、変な時間に起きたのはこう言うことだったのかも。

 

気付いたこと。うわぁぁぁぁぁぁぁ、話せなくなっている😱

全く話せないと言うのとは違うのだけれど、なんか、頭🧠が切り替わっていない。

翻訳してるから大丈夫とか思うでしょう?これずーっと続けていると日本語も英語も話さないから通訳の頭に切り替わらなくなるのです。でも、友達と話す会話くらいはと思っていたら、起き抜けの頭に英語が入ってこない。あ、彼女フロリダなのです。こちらが夜中の3時🌃🌕🌒くらいで向こうが午後1時🌞。英語モードに頭が切り替わらない。

やばい。これ、本当にヤバイ。

これからはときどき彼女と話をしようっと(笑)。Facebookなどでは英語圏のお友だちや英語を共通語とするお友達がいて英語でチャットしてたりタイムラインに書き込んだりするんだけど、やっぱ脳の回路がちがうんだって思いました。書くことと話すことはつながっているんだけど、偏るとダメだと言うこと。話せるだけじゃ書けない。書けるだけでも離せない。日本の教育ってバランスが悪いんだなって思う。このバランスについては聴解力と発話力のバランスも必要なんですよ。アウトプットばかり偏重していると聞けなくなってしまうのです。聴解力と言うより傾聴力👂を養うと言った方が良いかも。

 

それでも少し話していると、目が覚めてきたのも手伝って調子が出てきていつものようになりましたけどね。彼女に少しでも笑って欲しくて、厚生労働省やら新潟県やらがやらかしたGoogle翻訳事件を話しました。受けてましたねぇ。あははは。私のタイムラインを理解しようとしてGoogle翻訳するんだけど全然意味が分からないことの方が多いと言ってました。

 

 

 

エンジニアラブな翻訳者たち - 久しぶりにアメリカの友達と話す

まぁ、私けっこう波乱万丈な人生を送っているので、人格障害者による家庭内暴力の被害者が集まるサポートグループなんて入っています。住んでのところで一面トップ記事になるところを、一人の女性が勇気をもって電話をしてくれました。彼女には足を向けて寝られません。今日でちょうど5年目。彼女がSNSで連絡をしてくれたので、私は彼女の心配な状況もあり、電話をかけました。昨日疲労して食後すぐに寝てしまい、変な時間に起きたのはこう言うことだったのかも。

 

気付いたこと。うわぁぁぁぁぁぁぁ、話せなくなっている😱

全く話せないと言うのとは違うのだけれど、なんか、頭🧠が切り替わっていない。

翻訳してるから大丈夫とか思うでしょう?これずーっと続けていると日本語も英語も話さないから通訳の頭に切り替わらなくなるのです。でも、友達と話す会話くらいはと思っていたら、起き抜けの頭に英語が入ってこない。あ、彼女フロリダなのです。こちらが夜中の3時🌃🌕🌒くらいで向こうが午後1時🌞。英語モードに頭が切り替わらない。

やばい。これ、本当にヤバイ。

これからはときどき彼女と話をしようっと(笑)。Facebookなどでは英語圏のお友だちや英語を共通語とするお友達がいて英語でチャットしてたりタイムラインに書き込んだりするんだけど、やっぱ脳の回路がちがうんだって思いました。書くことと話すことはつながっているんだけど、偏るとダメだと言うこと。話せるだけじゃ書けない。書けるだけでも離せない。日本の教育ってバランスが悪いんだなって思う。このバランスについては聴解力と発話力のバランスも必要なんですよ。アウトプットばかり偏重していると聞けなくなってしまうのです。聴解力と言うより傾聴力👂を養うと言った方が良いかも。

 

それでも少し話していると、目が覚めてきたのも手伝って調子が出てきていつものようになりましたけどね。彼女に少しでも笑って欲しくて、厚生労働省やら新潟県やらがやらかしたGoogle翻訳事件を話しました。受けてましたねぇ。あははは。私のタイムラインを理解しようとしてGoogle翻訳するんだけど全然意味が分からないことの方が多いと言ってました。

 

 

 

エンジニアラブな翻訳者たち - 災害助け隊の活動「災害と女性」

皆さん、お久しぶりです。

 

今日は、待乳山聖天さんの立春法要に出席しました。そう。私、結構信心深いんです。自営業者たるもの、神様ごとは欠かせません。

さて、その後に経堂で行われた表題セミナーに出席してきました。以下は気分の悪くなる人もいるので、ここから先は自己責任でお願いします。

何から話そうかと言うことになりますが、性暴力って起きるんです。そうしてそのカテゴリーが私たちが考えているのと違うと言うことが分かりました。ここでは詳しく書けませんけれど。

女性の被害の他に少年も性被害にあうのです。驚かれましたか? 3.11の時も、熊本の時も。そして単身女性が狙われやすい。ちょっと愛想笑いしただけでお前が誘っただの言われたり。さらに、避難所全体でそのことがあたかも無かったことのようにしてしまう。それは先の見えない避難所生活で事を荒立てまいとする力が作用したり、逆に行為に及んだ人物を縛り付けてさらし者にするなども発生するそうです。さらに卑劣なのが、手助けしてやったんだからこれくらい、と言う輩がいるそうです。完全なセクハラですよ。男性は死体をたくさん見て子孫を残す方向に移るからと言うお話もありましたが、私は他にも理由があると思いました。

先の見えない避難所生活。自分の自由にならない状態。会社の上司でもなく、家族とのぎすぎすした関係。すると、弱者にマウントしてストレスを発散する、と言うのは世の常で、それが弱いジェンダーに襲い掛かるきっかけを強めるのだと思いました。だってね、私のNPDの元夫と行動パターンがそっくりなんですもの。泣き寝入りを強いる、強いられて押し切られるのは、やはり被害者が弱い立場にいるから。そこを出たら死ぬかもしれない恐怖があるのです。傷害性絆と呼んでも良いと思いました。

もし、このパターンが成り立つのなら、私が体験し、教えてきてもらった問答集ができると思うのです。これは避難所の話ではありませんが、喧嘩をしたり泣いたりすると「お前はサイコだ」と元夫が決めつけます。その時、怒ったり泣いたりしてはダメなのです。負け犬のスパイラルに入るから。ここではわざとため息をついて「あなたは専門家でもないのにそんな心理学用語使うなんておかしいわ」と返します。でも、NPDの相手からは逃げるが勝ちなのです。逃げるまでの対応を避難所から出る日までの対応に置き換えても良い。

また、こうした問題を扱うには自治会長が年を取り過ぎている場合などもあるそうです。

これはエンジニア的な発想でカイゼン提案しないといけないと思いました。

 

肝心な英語資料は手にすることができませんでしたが、色々サイトを教えてもらったので、防災英語勉強会なども開けると良いと思いました。

また、ぼちぼちと書いていきます。

f:id:Chikasan:20200208212012j:plain

冬になるとご近所に飛来するハクセキレイ。可愛いの

 

エンジニアラブな翻訳者たち - 新年の幕開けとAIと人間

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

皆さんはもう今年の目標を立てましたか? 私は次の通り。

英語ネタでダミコの漫画を描き続ける!

 

12月30日に令和最後の忘年会を開きました。私、大学で組織論をネタに英語を教えてましたが、仕組みは語れても採用は語れない人だわ~。あはは、は~⤵

人間の観察に優れた人はいるんですよねぇ。その忘年会でズバリ言われたこと。

「マインドが違うのよ」

やっぱなぁ😅 横浜で2番目に当たるあの人にライスワーク訳業は私に向いていないと言われて20年。それでも、ありがたいことにお客様のご贔屓を頂いてどうにか続ける事ができました。ただ、渡米後にCAT (Computer Aided Translation or translation memory) を使う仕事がメインになったころから気持ちが萎え初めたのです。メモリーを使う作業や、スタイルが課されるのですが、自分の脳から言葉をアウトプットする喜びが薄れ始めました。某人道団体の仕事は当初楽しかったのです。超原始的環境🤣 での翻訳でしたから もちろん、私の bread and butter 🍞 は訳業ですから、こちらも当然頑張ります。今年から100%フリーランスに戻りましたのでね。

原始的な方法でも良いお客さまを探さないとなぁ。絶滅危惧種かな?

さらに、現在コーチングして頂いている方に、自分の言葉、表現すること、というキーワードを頂きました。だから、私は多くの人に英語で自己表現をしてもらいたいと思うのかも。その二つでお役に立てればと、上記を宣言する次第。

 

もう一つ、その忘年会で話をしていたこと。やはり翻訳関係者が集まるとAIがホットな話題です。現在左脳の訓練をしているAIに対して、右脳の訓練を始めるとあっという間に同時通訳ができるようになるそうです。匠の技の翻訳者・通訳者も残れない日も来るかも知れないと私は思っています。

でもねぇ、学生にも話していたことですが、「ヘッドセットを付けて愛は語れない」。それを証明するようなことがあったそうです。ポケトークだけで人と会話して海外長期滞在を終えて帰って来た人。結局一人も友達ができなかったそうです。いろいろな専門家が言っていますけど、最後は人間の心と頭なのです。AI 兵器 ですらも。AIは色々な分野で人間の仕事を奪うかもしれません。あやふやな人間よりもよいかもしれません。でも、そのあやふやさこそ、良くも悪くも人間ではないかなぁ。いつかAIもそのあやふやさに追いつくとしても。

AIとの距離感は、期待しすぎないこと、そして油断しないこと、ですかねぇ。

f:id:Chikasan:20200102152243j:plain

モチーフは上村松園。ネズミを加えて大人にしてみました。ダミコ以外にも描けるのよってことで😅



エンジニアラブな翻訳者たち - シン・ゴジラと避難場所

英語屋ホンポ、頼もしいお仲間と共に、防災関連のグループを立ち上げました。詳細はメンバーに相談の上もう少し後にオープンにします。

 

さて、表題。こうした活動のお陰でシン・ゴジラが10倍楽しくなりましたよ(笑)

 

ゴジラ第1形態で上陸してきたときに消防士が叫びます。

地震災害避難所では役に立ちません。別の避難場所を指示してください!」

 

ゴジラだからねぇ。第1形態でも通り道の人たちの避難所は無いと思う。あの赤い体液は放射線を放っているんですもの。

地震災害の避難場所や避難所。これ、実は違いがあるのです。屋根のあるなし。それから一次避難場所には普通ご飯は出ない。

 

それから第2形態から第3形態の時に地下に誘導されるシーンがありますね。そうなのです。ミサイルや放射線を避ける場所は取り急ぎ地下道や地下鉄などの施設です。でも、その後何日も助けが来ない可能性があることも念頭におかないと。

 

先ほど横浜の幼馴染と話していましたが、駅のすぐそばに住んでいる彼女の悩みは、川に囲まれていること。避難場所や避難所はその川を越えていかなければなりません。津波がきたら?高潮で浸水したら?10年前の洪水の時には鯔がマンションのロビーを泳いでいたとか(笑)。日本は災害だらけ。だからこそ、防災のハードとソフトの技術がいるのですね。

 

f:id:Chikasan:20191208074104j:plain

夕焼けがきれい

 

エンジニアラブな翻訳者たち - シン・ゴジラと避難場所

英語屋ホンポ、頼もしいお仲間と共に、防災関連のグループを立ち上げました。詳細はメンバーに相談の上もう少し後にオープンにします。

 

さて、表題。こうした活動のお陰でシン・ゴジラが10倍楽しくなりましたよ(笑)

 

ゴジラ第1形態で上陸してきたときに消防士が叫びます。

地震災害避難所では役に立ちません。別の避難場所を指示してください!」

 

ゴジラだからねぇ。第1形態でも通り道の人たちの避難所は無いと思う。あの赤い体液は放射線を放っているんですもの。

地震災害の避難場所や避難所。これ、実は違いがあるのです。屋根のあるなし。それから一次避難場所には普通ご飯は出ない。

 

それから第2形態から第3形態の時に地下に誘導されるシーンがありますね。そうなのです。ミサイルや放射線を避ける場所は取り急ぎ地下道や地下鉄などの施設です。でも、その後何日も助けが来ない可能性があることも念頭におかないと。

 

先ほど横浜の幼馴染と話していましたが、駅のすぐそばに住んでいる彼女の悩みは、川に囲まれていること。避難場所や避難所はその川を越えていかなければなりません。津波がきたら?高潮で浸水したら?10年前の洪水の時には鯔がマンションのロビーを泳いでいたとか(笑)。日本は災害だらけ。だからこそ、防災のハードとソフトの技術がいるのですね。

f:id:Chikasan:20191208074104j:plain

夕焼けがきれい

 

エンジニアラブな翻訳者たち - AIや簡略化が壊すもの

今日は、英語屋ホンポのロゴを作ってくれた友だちとランチをしていました。彼女は美容師・着付け師なので、浅草とかで観光客相手に着付けと化しています。インバウンドのお客様に対してポケトークを使っても、お客さまが何を言っているのかわからない時もあるとか。結局60%しか正答率が無いということ。

それより気になったのが、多人数をこなすために着物の標準化・単純化をしているそうです。その背景に、どうせ外国人観光客には分かりはしない、があります。なので、襟が単衣に見える着付けがあったら、それは手抜きの着付けで、下着をクリップで留めるだけとか、帯も引っ掛けるタイプで振袖を着付けるという。日本人のお客さまには通じません。どこかでお母さん、おばあちゃん、美容院できっちり着付けをしてもらったことがあるから、一目で見破られる。

 

ここですよね。無駄・むら・無理を取り払う改善システムかも知れないけど、審美と伝統を犠牲にするべきじゃないと思うのです。工場や事業であれば、それは必要。でも、審美はお着物の着付けにとって無駄ではありません。薄利多売の対象でもありません。何か誤解があるみたい。

これを標準化された着物や着付けが機械翻訳で、人間が補正=ポストエディットはするんだけど、何かがチグハグ、みたいなことがでたり、ベテランの着付師さんは眉をひそめながらやるけれども、日本人のお客様は必ずベテランさんが当たる。なんだか、昨今の翻訳業界と似たところがありませんか?AIでなければ通訳も翻訳も無い、みたいな論調は、最終的な判断力を奪って破壊するものだと思うのです。機械翻訳はまだ完璧じゃないんです。ある程度語学力が無いと、使いこなせないと思った方が良い段階です。